羽根田卓也の経歴と成績!父や兄も元選手!エピソードや年収について

奥野
どうも、こんにちはaomori放送局の奥野細道子です

羽根田卓也は8月9日19時からのジャンクスポーツに出演します。

夏のスポーツ番組ということもある、ウォーター系アスリートが大集合!

多くの参加者アスリートの中で一押しは羽根田卓也選手ですね。

カヌー競技でリオオリンピックでは日本史上初の銅メダルも獲得しています。

イケメンと話題の羽根田卓也選手の日頃のトレーニングや競技中の秘話が公開される予定です。

と言うわけで今回は、羽根田卓也の経歴と成績!父や兄も元選手!エピソードや年収についてを

お伝えしますんね!

スポンサーリンク

羽根田卓也のプロフィール

  • 本 名:羽根田卓也(はねだ たくや)
  • 生年月日:1987年7月17日
  • 出身地:愛知県豊田市
  • 身 長:175cm
  • 体 重:70kg
  • 職 業:カヌー選手
  • 種 目:スラローム
  • 所 属:ミキハウス

羽根田卓也選手は愛知県豊田市出身のカヌー選手です。

所属はミキハウスでプロとして活躍しています。

羽根田卓也の経歴!

羽根田卓也選手は父親もカヌー選手です。

父親の影響でカヌーを始めたのでしょうね。

カヌーを始めたの9歳の時で、それまでは器械体操をしていたそうです。

実家の近くが愛知県の矢作川だったので、矢作川でカヌーの練習が出来た事で成長も早かったのでしょう。

最初の頃はイヤイヤ始めたそうですが、中学生時代にはジュニア大会に出場する実力もつけていました。

高校は愛知県豊田市にある名鉄学園杜若高校に進学します。

高校でもカヌー部に所属しますが、急流で行うスラロームという競技は羽根田卓也選手しか出来なかったため、練習は一人で行っていたそうです。

その練習の成果もあって高校時代には世界大会にも出場しています。

高校卒業後はカヌーの競合であるスロバキアに留学し、スロバキアのコメンスキー大学に進学して卒業しています。

オリンピックにも出場する実力を持っており、2008年の北京五輪では14位になっています。

その後も数々のタイトルを取得し、2019年のリオデジャネイロ五輪ではカヌー日本史上初となる銅メダルを獲得しました。

もちろん2020年に開催予定であった東京五輪にも内定しており、次は金メダルも取れるのではないかと期待されています。

羽根田卓也の成績は?

羽根田卓也選手は様々な大会で結果を残しています。

まず、日本選手権では14連覇をし、国内にはライバルという選手もいないのではと言われています。

そしてアジアでも有名で、2014年と2018年のアジア競技大会では金メダルを獲得しています。

もちろんオリンピックの代表にも選出されており、北京・ロンドン・リオオリンピックで日本代表を務めました。

その中でもリオオリンピックのカヌースラローム競技ではアジア人初めての銅メダルを獲得しました。

羽根田卓也の父や兄も元選手!

羽根田卓也選手の父はカヌー選手でした。

父の邦彦さんは現在、設計事務所を経営しています。

羽根田設計事務所という名前なので、知っている人も多いかもしれません。

設計事務所を経営する傍ら、愛知県カヌー協会の理事長も務めています。

羽根田卓也選手には兄と弟が一人ずついる3人兄弟とのことですが、兄の翔太郎さんも元カヌー選手とのことです。

現在、兄の翔太郎さんはカヌー選手を引退して自動車販売の営業職についており、奥さんと子供もいるとのことです。

弟の和隆さんも現在結婚しており、カヌーとは別の仕事をしているといわれています。

この家庭環境なのでカヌー経験者であると思われますが、カヌー選手としての道には進まなかったのですね。

ちなみにカヌーは日本ではまだマイナーな競技なので、競技費用などの支援体制が整っていなくかなりお金がかかるそうです。

羽根田卓也選手がメダリストになれたのも、父など家庭からの支援があったからだと言われています。

スポンサーリンク

羽根田卓也のエピソードについて!

羽根田卓也選手の愛車はポルシェ・カイエンです。

最強のSUVといわれて人気のある車ですね。

羽根田卓也選手のSNSにも度々写真が登場しています。

View this post on Instagram

帰省するナリ

A post shared by Takuya Haneda/羽根田 卓也 (@takuya_haneda) on

運転する羽根田卓也選手の姿もとても素敵ですね。

でもこの写真、一体誰が撮っているのか気になるところです。

サッカー日本代表の南野拓実選手とも同じポルシェアスリートとして親交を深めているようです。

羽根田卓也選手はスロバキアに留学しており、南野拓実選手はその隣国のオーストリアのサッカーチームに所属していたので、交流もしやすかったのでしょうか?

もしかしたらこういった写真を撮ってくれたのも、南野拓実選手かもしれませんね。

こういったイケメンの羽根田卓也選手が注目され、マツコ・デラックスさんには「ハネタク」というあだ名をつけてもらったそうです。

「キムタク」のようにイケメンであることから、「ハネタク」と名付けたと語っており、ネーミングセンスに感冒ですね!

羽根田卓也の年収は?

羽根田卓也選手の年収は少なくても600~700万円と言われています。

各大会でメダルを取っている選手としては、少し少ない金額のような気がしますね。

年収の内訳は、所属先からの給料・大会の賞金・スポンサーからの支援金の3つです。

所属するミキハウスの平均年収は450~550万円とされています。

羽根田卓也選手もこの中に含まれるそうです。

カヌー大会の賞金ですが、こちらは国内の大会で優勝した場合も20万円程度だそうです。

やはりまだメジャーなスポーツではないので、賞金額も低いんですね。

それでもカヌーが好きだから続けている選手が活躍しているのは嬉しいことですね。

ちなみに国際大会で金メダルを取った場合の賞金は100万円程度だそうです。

国内に比べると高いですが、他の競技に比べたらかなり低い金額ですよね。

これらを合わせて少なくとも600~700万円ではないかと考えられます。

また羽根田卓也選手はイケメンということでスポンサーが付いたり、テレビ出演を依頼されることも多いはずです。

そちらの収入も増えてきているようなので、もしかすると良い時期は1000万円近くの年収になっているかもしれません。

関連記事 こんな記事も読まれています

高木雄也のイケメン画像!出身高校はどこ?三浦翔平との関係や舞台日程について

2020年8月6日

堀田真由の髪型が可愛い!出身高校はどこ?母は師範で叔父は芸能人!兄との関係について

2020年8月5日

天翔愛の出身大学はどこ?本名や父親と母親について!髪型も可愛い!

2020年8月3日

まとめ

羽根田卓也選手はカヌー選手として活躍していました。

日本国内外の大会で優秀な成績を収めています。

父と兄も元カヌー選手で、スポーツ一家で育ちました。

愛車はポルシェ・カイエンで運転姿もとてもイケメンです。

年収は最低でも600~700万円程のようですが、今後の活躍に比例してもっと年収がアップしていくでしょう。

最後まで読んで頂き有り難うございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です