平内龍太(巨人)の現在評価や特徴まとめ!出身中学・高校や小学校はどこ?

巨人ドラフト1位指名で入団した平内龍太投手が春季キャンプで1軍スタートすること
になりましたね。

コロナウイルスの影響で無観客開催となる春季キャンプは2月1日に1軍本隊は宮崎で、
坂本、菅野ら主力19人の「S班」は東京ドームで始動す流と言う事です。

平内龍太投手は錦が丘小時代から軟式野球を始め、魚住東中では軟式野球部に所属して
いました。叔父さんが元福岡ソフトバンク投手・永井智浩選手だそうです。

平内龍太投手は亜細亜大では1年時秋からリーグ戦に出場。最速152キロのストレート
185cm、90kg、の恵まれた体格の本格派右腕、巨人軍の期待は大きいでしょうね。

今回は、平内龍太(巨人)の現在評価や特徴まとめ!出身中学・高校や小学校はどこ?
と言う内容で、色々お伝えして行きます。

スポンサーリンク

平内龍太の現在評価!

MAX156km/h】亜細亜大 平内龍太(4年) 1回無失点2奪三振

平内龍太投手(亜大)が巨人に1位指名されましたが、実は神戸国際大付高3年時に指名漏れ
を経験していました。平内選手は、当時から悩まされていたという右肘遊離軟骨除去のため

クリーニング手術を今年3月に受けました。「手術を受けて不安がなくなった」といい、
一大決断が吉と出て巨人からの1位指名という栄誉を手にしました。

平内投手のグラブには「H28・10・20」と刺繍がされています。平成28年10月20日。
指名漏れを経験した4年前のドラフト会議の日付なのです。その時 「4年後にプロに行こう」

亜大・生田監督と約束して滑り出した大学生活でしたが、怪我に悩まされました。
1年時に右大腿骨疲労骨折、左脇腹肉離れ。それらが癒えても右肘には不安が有りました。

「高校時代からネズミ(遊離軟骨)があって、痛くて腕を動かせない時もありました」。
一大決心して2020年年3月25日に右肘クリーニング手術を受けました。

7月に投球を再開して、8月に実戦復帰。9月22日の立正大戦で1年半ぶりに神宮の
マウンドを踏み、同30日の駒大戦で自己最速の156キロをマークしてネット裏の評価が
一気に高まりました。

生田監督さんに『中途半端でやるより、手術をした方がいい』と助言を頂いて、
手術を受けて(右肘の)不安がなくなったのが大きいと言う平内投手。

大学2年時に着手したという上半身の筋トレをリハビリ期間中に徹底し、進化を遂月柱ました。高校時代から10キロ増したストレートが評価され、巨人からドラフト1位という評価を得ました。

大学では先発も救援もこなして来ました。プロでも与えられたポジションでしっかり投げたい」「いずれ出せれば」と160キロ到達も視野に入れていると言う。

巨人投手陣に、貴重なパワーピッチャーが1枚加わることで、巨人の成績と平内龍太投手の活躍が注目されるところですね。

平内龍太の特徴について!

https://twitter.com/sanspo_giants/status/1350669966232547328

平内龍太投手の特徴と言えば、当然ながら185cm90kg、恵まれた体格の本格派右腕。
セットから始動して上体を傾けながら重心を下げ、テイクバック小さめに右肘を使った

腕の振りから投げ下ろす最速156キロ、常時140キロ前半から150キロ前後のストレート
と、120キロ前後から120キロ台のスライダー、100キロ前後ののカーブ、

130キロ前後から130キロ台のスプリット。威力のあるストレートが武器ですね。
神戸国際大附では1年時秋からベンチ入り。1学年上の塩田大河らを擁して県大会を制し、

救援として近畿デビュー(2.1回5失点)を果たしています。しかし、腰痛により2年時
春夏を登板なく終え、秋初戦・須磨学戦で5回9K0封と好投をしました。

3年時夏の兵庫大会は吉高壮擁する明石商業に4-5逆転で敗れ8強で敗退。この試合では
最速146キロを計測したが、7回に7安打5失点して降板しました。

亜細亜大では1年時秋からリーグ戦に出場しています。第6週・中大2回戦で初先発を果たし、
9回2死まで0封、12K5-2完投の好投で初勝利を飾りました。

4年時春の右肘痛(手術)を乗り越え、復帰後の急成長で上位候補へと浮上します。
同秋のリーグ戦途中でエースの座を掴み、救援した駒大2回戦で156キロを計測。

内間、青山との3本柱で8季ぶりVをなし遂げ、MVP、最優秀投手賞、ベスト9の
3冠に輝きました。

通算28試合、6勝(2完投0完封)5敗、77.1回、防御率1.86、プロではどこまで
やれるかと注目度は高いですね!

スポンサーリンク

平内龍太の出身中学・高校や小学校はどこ?

平内龍太投手の出身中学や高校はどこ?と言うことで、調べましたが、これはもう
かなり、有名な平内龍太投手ですから簡単でした《笑い》

平内龍太投手は明石市立錦が丘小学校時代から野球を始めました。そして明石市立
魚住東中学校では軟式野球部に所属しています。中学時代からも注目される投手でした。

高校は県内の強豪・神戸国際大学附属高等学校に進学。残念ながら、在学中は甲子園出場
有りませんでした。高校時代から注目され、プロ志望届を提出しましたがドラフト会議では
指名球団は有りませんでした。

4年後のドラフト会議を目指して、東都大学リーグ所属の亜細亜大学に進学しました。
実力が認められ、1年秋のリーグ戦より登板します。しかし、その後は故障などで手術
をすることも有りました。

4年秋のドラフト会議では、大学時代の数々の好記録を示し、読売ジャイアンツから
1位指名を受けました。新人王や防御率、何勝できるかが楽しみですね!!

平内龍太の契約金や年収は?

巨人ドラフト1位の亜大・平内龍太投手の契約金や年俸が気になりますね〜
2020年11月23日、東京・立川市のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高、

年俸1600万円(推定)の最高条件で仮契約を結びました。この時の平内龍太選手の
コメントは「以前の指名あいさつだったり、本日の仮契約だったり、1つ1段階を踏んで

いくことで実感が湧いてきています。いい評価をしていただいてうれしく思います」と
笑顔のコメントだったそうです。

平内龍太投手が年収1億円プレーヤーになるのはいるでしょうか?最高速156キロ
の速球で三振の山を築いて見ると言うのも楽しみですね。

平内龍太のプロフィール

  • 本 名:平内 龍太(へいない りゅうた)
  • 国 籍 :日本
  • 出身地:兵庫県明石市
  • 生年月日:1998年9月7日(22歳)
  • 身 長:186 cm
  • 体 重 :90 kg
  • ポジション:投手
  • 投 球・打 席 :右投・右打
  • プロ入り:2020年
  • ドラフト:巨人1位

平内 龍太投手は、兵庫県明石市出身の大学野球選手、伯父は元プロ野球選手で
現在は福岡ソフトバンクホークスの編成育成本部長を務める、永井智浩(元投手)です。

関連記事 こんな記事も読まれています

木原美悠(卓球)の出身中学や高校はどこ?姉や兄も選手!父の指導方法が凄い!

2021年1月19日

伊勢谷友介の結婚歴はある?薬物疑惑や父親との関係まとめ!

2020年9月8日

高橋ユウの出産帝王切開が凄い!旦那との身長差や母親について!出身高校はどこ?

2020年8月14日

最後まで読んで頂き有り難うございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です