瀧川鯉斗は元総長!イケメン落語家は結婚してる?年収や田中みな実との関係が気になる!

奥野
どうも、こんにちはaomori放送局の奥野細道子です
瀧川鯉斗さんは落語家として活動していますが、その端正な顔立ち故にメディア出演がとても多いです。

『ラストキス』という恋愛バラエティではゆきぽよとのキスをかけて、EXITの兼近さんと瀧川鯉斗さんが対決しました。

結果は兼近さんのデートプランの勝ちでしたが、イケメンの瀧川鯉斗さんの登場に視聴者もとても湧いたそうです。

その他に瀧川鯉斗さんは『ワイドナショー』にも出演しており、ジャニーズ事務所を対処した手越祐也さんの素行にたいして「ぶん殴りたいですね!」とコメントして爆笑を呼んでいます。

瀧川鯉斗さんは的確なコメントと、元暴走族総長の落語家という異色の立ち位置でバラエティからも引っ張りだこになりそうな予感がします。

スポンサーリンク

瀧川鯉斗のプロフィール

  • 芸 名:瀧川鯉斗(たきがわ こいと)
  • 本 名:小口直也(おぐち なおや)
  • 生年月日:1984年1月25日
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 職 業:落語家
  • 師 匠:滝川鯉昇
  • 出囃子:むつのはな
  • 定 紋:五瓜に唐花
  • 活動期間:2005年~
  • 所属:落語芸術協会、ぐあんばーる

瀧川鯉斗さんは現在日本で活躍している落語家です。

2005年に滝川鯉昇に入門しました。

2009年に二つ目に昇進し、2019年には真打に昇進しています。

瀧川鯉斗はイケメン落語家!

瀧川鯉斗さんは落語家として活躍していますが、その端正なルックスで「イケメン!」と騒がれて人気になっています。

瀧川鯉斗さんは元々役者志望で名古屋から上京してきたそうです。

誰がみてもイケメンだったので、周りからの勧めもあって役者を目指したのかもしれませんね。

上京後はアルバイト生活をしていたのですが、その際にアルバイトしていたお店のオーナーから、「役者を目指すのならば落語についても勉強するといい」とアドバイスをされて落語を始めました。

その際に弟子入りしたのが、現在の師匠である滝川鯉昇さんなんですね。

役者とはもちろん演技力が必要ですが、幅広い演技力を身に着けるためには落語の力も必要だったのでしょう。

瀧川鯉斗さんは落語の技術を身に着けていくうちに落語の魅力に取りつかれ、落語家の道がメインになったようです。

瀧川鯉斗はスペクター12代目総長!

https://twitter.com/geki_rare/status/1185137876415049728

瀧川鯉斗さんは元暴走族の総長を務めていたそうです。

名古屋市内でスペクターというチームに所属していたとか。

瀧川鯉斗さんはお父さんの仕事の関係で、小学校3年生から名古屋で生活をしていたそうですが、中学生まではサッカー少年だったそうです。

しかし中学の途中でバイクにはまり出したのをきっかけに素行が乱れ、サッカーも辞めてしまいます。

そして高校に進学さえも出来なくなってしまいました。

こういったことから、暴走族にのめり込んでいってしまったようです。

運動神経が良かったことから、喧嘩の腕っぷしも強く、なおさらイケメンであるので暴走族の総長になる道も早かったのでしょう。

スポンサーリンク

瀧川鯉斗は結婚してる?

瀧川鯉斗さんはプロフィールを見る限りでは、結婚はされていないようです。

しかし、イケメンで売れっ子落語家であることを考えるととてもモテるのではないでしょうか?

ちなみに2015年には外科医の女性との交際も噂されていました。

こちらは確固たる証拠などがある訳ではないので、現在のところもどうなっているのかは分かりません。

ただ結婚となると落語家の嫁になることから、普通の結婚よりも少しハードルが高いかもしれませんね。

瀧川鯉斗の田中みな実との関係が気になる!

https://twitter.com/_paravi_/status/1114180905998794752

瀧川鯉斗さんの好みの女性を調べてみると、なんと「田中みな実」さんだそうです。

これは2020年5月に、瀧川鯉斗さんが有吉ジャポンに出演した際に自ら公言したとのことです。

この情報の元を辿っていくと、田中みな実さんは2019年12月に出演した「川柳居酒屋なつみ」で好きなタイプについて「見た目のタイプはさておき、お話が出来る人がいい」と語っていたことにあるようです。

もしかしたらこの放送を瀧川鯉斗さんもチェックしていたのはないでしょうか?

元々とても可愛いと思っていた田中みな実さんのタイプに、自分が当てはまると思ったらとても嬉しいですよね。

それでよりいっそう好みになってしまったのかもしれません。

テレビ番組で公言するくらいですから、かなりドタイプなのでしょう。

瀧川鯉斗さんと田中みな実さんに現在のところ交際の情報などはありませんが、これからの進展に期待ですね。

瀧川鯉斗の年収について!

落語家の年収は、階級によって大きく変わってくると言われています。

見習いの時代は年収でも120万円程度

これは生活していくのがかなりギリギリのラインではないでしょうか。

そこから、前座、二つ目、真打と出世していくと徐々に年収がアップしていきます。

瀧川鯉斗さんは真打なので年収にして660万円程度だと言われています。

とすると月収換算だと50万円程度になるんですね。

普通のサラリーマンより少し多いくらいでしょうか。

しかし瀧川鯉斗さんはイケメンで話題沸騰中の落語家なので、落語家のお仕事以外にもテレビや雑誌のお仕事もあるでしょう。

なので通常の真打の年収に加えて、別のメディア収入もあると考えられるので、660万円以上の年収があると思って良いでしょう。

ちなみに人気落語家になると「笑点」の出演などで、年収5000万円を稼ぐ強者もいるようです。

瀧川鯉斗さんもこれからさらに売れた場合は、高額年収も期待できますね。

関連記事 こんな記事も読まれています

森富美の若い頃のミス日本画像がヤバい!旦那との馴れ初めや子供は何人か気になる!

2020年7月27日

市來玲奈の乃木坂46時代の画像が可愛い!出身高校や大学はどこ?社交ダンスの実力について!

2020年7月27日

蛯原友里の現在や旦那(夫)との関係は?髪型や私服が可愛い!第二子について!

2020年7月16日

まとめ

瀧川鯉斗さんは現在話題沸騰中の人気落語家でした。

イケメンということで注目されており、落語家やテレビ出演の仕事も増えていっているようです。

元々は名古屋で暴走族の総長を務めていたヤンチャっぷりですが、現在は真面目に落語に取り組んでいます。

結婚はしていないようですが、過去には女医との交際の噂があったり、好きなタイプは田中みな実さんだったり、色恋の噂はこれからも聞けそうです。

年収は真打の平均年収660万円以上を稼いでいると思われ、これからの飛躍もありそうです。

今後の瀧川鯉斗さんの活躍にもとても期待できますね。

最後まで読んで頂き有り難うございます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です